春の香りneo

主にアイマスのライブやイベント感想

TC02 近未来アウトサイダーの春香と美希がヤバヤバのヤバ

 近未来アウトサイダー、それはPが見た光。

 TCで行われた配役投票の結果によるミリシタのイベント近未来アウトサイダーが2019/10/21~2019/10/27に行われ、テーマ曲『World Changer』とドラマパートを収録したCDが発売されました。


【アイドルマスター ミリオンライブ!】「World Changer」「DIAMOND DAYS」試聴動画

 ドラマパートのファイナルデイ春香とバスターブレイド美希がヤバヤバのヤバすぎて感情を持て余しているので今回はそういう内容です。
 以下ネタバレを含む内容なので、まだの人は必要に応じて自衛して下さい。

 そもそも近未来アウトサイダー、TCで配役が発表された際に公表されていた情報はこうでした。

 

↓事前に公表されていた情報↓

f:id:fubukiP:20191202213145j:plain 

↓投票の結果の配役↓

f:id:fubukiP:20191202213202j:plain

 荒廃した都市群を舞台にバトルアクションを繰り広げるダスク千早VSファイナルデイ春香
 ダスク千早の相棒バスターブレイド美希にファイナルデイ様の忠実な部下ベルベット真
 そして捕らわれのヒロイン・アマリリスエミリー

 私が事前の情報と配役から読み取った近未来アウトサイダーのストーリーはこんなところでした。

 

 ↓しかし実際に実装されたカードがこちら↓

f:id:fubukiP:20191202213216j:plain

 いや、聞いてないよ?
 バスターブレイドさんとファイナルデイ様そんな関係だったの??

 いやでもこれカードイラストだし、一番見栄えするシーンが選ばれただけかもしれないし、落ち着け…騒ぐのはまだ早い、ドラマパートで全容が明かされる筈……(CD聴いた)……嘘だろ…なんで事前情報で絡み一切なかったその二人が一番クソデカ感情ぶつけ合ってるんだよ……ファイナルデイ様とバスターブレイドさんがあまりにも運命の二人過ぎて最高でした…。
 世界観的にグレンラガンかと思っていたら提供されたのはガングレイヴ(アニメ版)だった。
 ともに階段を駆け上がっていた筈の二人が組織と世界を知るにつれ思想と道を違え離別し、けれど最期はともに在ることを選ぶ、そんな愛と憎悪と執着と、、、、、私はアイマスのCDを聞いてるんですよね?
 でもラストのあれ完全に、お前を撃つなんて出来ないよ……じゃん!?
 ファイナルデイ様とバスターブレイドさん、絶対に幼少期に風で飛んで行ってしまったシーツを二人で走って追いかけたことがあるし、決別前にエレベーターに一緒に乗った筈だし、その回のEDは今までカラーだった映像が白黒に変わってるわ絶対。

 これまで春香さんと美希は『ライバル』として描かれることが多く、ミリシタだと『マリオネットの心』が実装された際のメインコミュ第45話が判りやすいかなと思うんですが

f:id:fubukiP:20191202215817p:plain

 お互いに認め合っている戦友感があって私ここのやりとりめちゃくちゃ好きなんですけど、まさかこの二人の共依存じみた結末が描かれる劇中劇がここに来て見られるとは思わなかったです。

 そしてファイナルデイ様を演じる春香さんを演じる中村繪里子さんの演技力が素晴らしかった。
 今までも春香さんはハルシュタイン閣下とか悪役を演じることはありましたが、それよりもさらに低音で冷徹な強い意志を持つ支配者で、それでいてバスターブレイドが絡むときだけ人間らしい揺らぎを見せる、あの危うい感情の出し方。
 あんな声、『あの人だけが特別です』って言ってるようなもんじゃん。そりゃベルベッドも嫉妬するわ。
 どうしてアウトレイジ軍に捕らわれたアマリリスがファイナルデイ様の『意識を統一する』という考えに同調したかって、アマリリスがダスクに話したように、ファイナルデイ様にも本当は「苦しむところを見たくない」人がいて、「穏やかに、健やかに、眠るように、ただ溶け合いたい」人がいたんですよね。
 でもファイナルデイ様と、ファイナルデイ様の特別な人は、溶け合えずに別れてしまった。

  バスターブレイドを演じる美希を演じる長谷川明子さんの演技も凄かった。
 ダスクを助けて面倒を見てあげてるシーンもファイナルデイ様とのラストも、あまりに格好良すぎて、頼もし過ぎて、こんなん美希に堕ちる女子が大量発生してしまうヤバい。
 特に終盤の「俺は、お前(ファイナルデイ)と同じものに何てなりたくない。お前と喧嘩できない世界なんてつまらない。いる意味が無いって言ってんだよ!」っていうセリフ。
 もうこんなの、『愛してる』以外のなんだと言うのか。
 美希がカッコイイのは解っていた筈なのに、さらに進化した演技が炸裂してる。なにこれ……。

 ダスク千早は想像していたよりも可愛らしく、広い世界を知ったばかりの幼さと純朴さがあって、ベルベット真は想像していた以上にファイナルデイ様命の狂犬っぷり、アマリリスエミリーはイベントコミュでも描かれていた『アマリリスとしての歌』がこれまた良くて、エミリーがすごい、すごいんですよ。
 ドラマパートでアマリリスが一人で歌う『World Changer』が流れるシーンがあるので、まだ聞いてない人は早く聞いて下さい。

  研究所や世界観とかの詳しい内容ももっと知りたかったですし、もっと長尺で聞きたかったドラマパートでした。
 全員の演技も歌も最高でした。問題点があるとすれば私がファイナルデイ様引けてないってことですかね……。(ファイナルデイ様の画像は優しいフォロワーさんが協力して下さいました…)
 不思議だね、回しても、回しても、来なかったね。ベルベット真は予算内で来てくれたのにな。天井まで届かなかったよ。

 

 近未来アウトサイダー、それはPが見た光。
 すり抜けかセレチケで出逢える日まで、届かぬ光に向かって手を伸ばし続ける、そんな物語です。