春の香りneo

春香P。Mマスだと冬馬P。デュンヌ。OFA届きました。

りえりーマジ詩花 プロミ2018一日目感想【8/4】

今年は二日ともライビュでした~!
相変わらずうろ覚えの感想ですので、明らかな間違いがありましたらお知らせ下さい。

 THE IDOLM@STER PRODUCER MEETING 2018 What is TOP!!!!!!!!!!!!!?
2018年8月4日(土) 開場16:00 / 開演17:00

☆出演者☆
中村繪里子天海春香役)/今井麻美如月千早役)/浅倉杏美萩原雪歩役)
仁後真耶子高槻やよい役)/若林直美秋月律子役)/たかはし智秋三浦あずさ役)
釘宮理恵水瀬伊織役)/平田宏美(菊地 真役)/下田麻美双海亜美・真美役)
原 由実(四条貴音役)/沼倉愛美(我那覇 響役)

スペシャルゲスト☆
赤羽根健治(プロデューサー役)/高橋李依(詩花役)

☆セットリスト☆
紅白応援V / 765PRO ALL STARS
ToP!!!!!!!!!!!!! /765PRO ALL STARS
そしてぼくらは旅にでる / 中村繪里子浅倉杏美たかはし智秋、原 由実
星彩ステッパー / 釘宮理恵下田麻美
Vertex Meister / 今井麻美仁後真耶子若林直美平田宏美沼倉愛美
Blooming Star / 高橋李依
きゅんっ! ヴァンパイアガール / プロジェクト・イオリー
サニー / あみまみあまみ
MUSIC♪ / 765PRO ALL STARS
shy→shining / 765PRO ALL STARS
THE IDOLM@STER / 765PRO ALL STARS+高橋李依

(※敬称略)

 

 いつもの社長と小鳥さんの注意事項読み上げで、社長が「TOPとは何かに想いを馳せながら楽しんでほしい」的なことを言っていて、やっぱり今回のイベント名「What is TOP!!!!!!!!!!!!!?」に意味があるんだなと察する。

 プロミ一曲目は、去年のプロミでコールを収録した紅白応援V!
 背景がステラステージの地獄の特訓だ~!
 美希パートどうするんだろと思ったら黄緑のシルエットが画面に出てちゃんと美希が歌ってくれた。
 全員去年と同じくジャージ(キャンプウェア)姿で紅白のポンポン持ってたんですが、ポンポン腰に当てて踊るところが可愛かった。
 そして歌い終わってから中村先生が「(挨拶用に)フォーメーションチェンジしましょう!」って言った途端、投げ捨てられていくポンポン。
 はらみーが挨拶で言おうとした言葉忘れちゃったみたいで間が空いたあと「なんか変な間が空いちゃったね(><)」って言ってたの可愛かったです。
 ミンゴスが「誰が一番ジャージが似合うか選手権しよう」って言い出してからわちゃわちゃし続けた挙句、若林神の「お前らうるさーい!!」で大人しくなるの最高にリアル765プロ…って感じだった。

 クソ暑い中スーツで登場かと思われたバネPがジャケット無しで出てきて、ワイシャツの下に丸首の肌着が薄っすら透けてるの最高に夏のリーマンって感じ。そして色が白い。ワイシャツとバネPが同化する勢いで白い。手に至っては白魚のような手でその場にいる誰よりも綺麗な手をしていた…どういうことなの……。

 ステージ上にイスが出てきて765ASが移動していく中、イスに座らず邪魔をする若林神
 バネP「(代わっても)…いいですよ?」
 若林神「やだよー!」
 バネP「何キャラかわからん」
 ミンゴス赤羽根くんもだよ…?」
 この一連の流れ笑った

 平田さん「私は765プロって実家の味噌汁だと思ってるから」
 神社とお盆は親戚なのでちあきんぐのご参パイが可能になる
 765プロを家族に例えるとバネPはパパ、しかしママがいない
 バネP「ママがほしい…みんな僕が生んだ感じですか」

 13年間で変わっていないことと聞かれて若林神「仁後がリハのとき目が死んでるときがある」
 この話題のときミンゴスがずっとニコニコしてたの笑った

 若林神は後輩に対して最初怖いキャラで行こうとしたけどハッチポッチのジャングルパーティで打ち解けたそうな。みんな動物になるって言ってる中で草になりたいって言い出す人はそりゃ怖さゼロだな…。
 若林神大活躍だったハッチポッチの感想はこちらです↓ 

若林神優勝 ハッチポッチ二日目感想 - 春の香りneo

 

 あとステラステージの話をする若林神がめっちゃ活き活きしていた。
 グラフィックが綺麗で髪がぬるぬる動く、けどスカートは動かない。
 コーチングのお陰でリズムゲーム苦手でもバーストアピールのスキルが上がるから何とかなる、ステラステージを成功させたあとの6大タイトルのことまで!
 100時間プレイすればエターナルプロデューサーになるそうです。私まだそこまでやり込めてないわ…若林神やっぱりすごいなあ。
 偉い人にニコ生で無制限にステラステージについて喋らせてほしいって仰ってたけど、これ本当にやってほしい。

 中村先生「円陣組むときに中村なんか言いなよって言われる前に、今回はポロッと出てきた。不謹慎かもしれないけど、ずっと続きそうって言われるけど、続かないと思うんですよ。次が保障されてるわけじゃない、だから今日が最高だって思えるステージにしたい。みんなが大好きだって、今日をピークにしたい」
 ※うろ覚え過ぎるのでだいぶ違うと思います
 ここでミンゴスは「少なくとも明日があります」ってオチつけてたし、ちあきさんたちは60歳でもライブやろう!って言ってくれるしそれはとても嬉しいけど、多分先生は違う意見なんだろうなって前から思ってたのに確信が持てたっていうか、ある日突然終わりが来ても悔いを残さないよう、一回一回のライブやイベントを大切にしたいなと改めて思いましたね……。

 バネP「今日は美希役の長谷川さんがいないけど、765は全員揃うと最強だなって。P役の贔屓もあるけど(アイマスシリーズ内で)長女として存在してると思ってる。上手い下手を超越してぶっ刺さるんですよね」
 ここでSideMが「長男」って言われてたのも嬉しかった。
 若林神とバネPは去年のプロミのあと二人で反省会をしたそうで。
 カメラにおしり向けないってバネP注意してたりとマジおかんだった。

 

 そして今年も始まるプロデュース有りの朗読劇!
 今年は何と黒井社長も登場し、わざわざ765の楽屋に乗り込んで来てものすごく丁寧に765プロが出るフェスの詳細を教えてくれたり、教えないほうが961プロに有利なのに最後に投票数一位の事務所はライブが出来ることまで教えてくれたり、最終的には詩花をベタ褒めして去るという、なんだこのツンデレの詰め合わせは状態。
 そして朗読劇の最中に律子が「スクリーンに選択肢が出ますので…」と言い出したのでメタメタ感がすごかた。
 まずは春香・千早・律子・真・響・貴音の六人でフェスでやる定番曲のアレンジ決め。

 A 格好いい曲を可愛く →○
 B 可愛い曲を格好良く

 結果を受けて「エージェント夜を往く」を可愛く歌ってくれる真。
 真「じゃあ次は春香!」 今年も殴り合いが始まったぞ!!!
 春香は「relations」を歌ってくれたんだけどどうしてもあのリミックスが脳裏を過るww
 
 春香「どうかな?」
 響「なんだか春香おもしろいぞ」
 律子「フェスティバルっていうかカーニバル?」

 定番曲のアレンジの次はダンスのアレンジ
 A スタイリッシュ盆踊り
 B セクシー盆踊り →○

 響がセクシーに踊ってくれたんだけど、それでも溢れる健康美。
 貴音「盆踊りではないような」
 今度は貴音がやるとめっちゃスローだけどやたら艶めかしい盆踊りに……!
 ぬーさんとはらみーの持つポテンシャルというか方向性の違いというものが顕著に表れた一幕でしたね、なんかすごかった。

 お次は亜美真美・伊織・やよい・あずさ・雪歩の六人でバラエティな内容決め

 A だじゃれ
 B ものまね →○

 亜美「真美のものまねをしまーす!」
 そして始まる下田さんによる一人芝居ー!! お一人で二人分演じ続けるというこれまたすごい技を目の当たりに。亜美が真美がを聞き過ぎて亜美真美ゲシュタルト崩壊だよ!!

 フェスでやる演目決め
 A 特撮もの ヒーローVS悪の幹部 →○
 B 女の子同士の禁断の恋愛

 雪歩「シャドウ961のブラックスノウホワイト!」
 伊織「Vertexピンク! 伊織!」 ※全員名乗りを上げてくれる
 あずさ「脚本・音無小鳥って書いてあるわ」
 伊織「不思議ね。イエローなら二人いてもいい気がするわ」

 春香「今回のこと、美希にも知らせないと」
 海外で仕事中の美希からビデオメッセージが届くが、海外での撮影を堪能する近況報告で終わる。楽しんでるようで何より……。

 煮詰まってしまったので外に走りに行く765AS。
 ここでスペシャルゲスト・詩花役のりえりー登場!
 白いワンピース姿が眩しい~! 毛先だけ黄緑に染めてる!?!?
 台本を持ちながら話すときの仕草も完璧に詩花だったすごい。

 詩花と話すことで自分たちが何がしたいのかが明確になっていく765AS。この辺の流れもステラステージのストーリーみたいだったなあ。
 皆で楽しみたいのが№1の気持ち、響は伊織とダンスしたい、貴音は雪歩とミュージカル、やよいはもやし炒めを振る舞いたい。伊織の「その辺の冷めたフレンチより美味しい」というやよいのもやし炒めに対する圧倒的な信頼。そして貴音の「すべて食べきってみせましょう」という自信よ。もりもり食べるお姫ちんが好きだよ……。

 詩花「あっという間に解決して、次々とアイデアが出て来る。やっぱり強いですね、765プロの皆さん。それは皆さんにとってナンバー1でオンリー1の存在がいるからですよね、プロデューサーさん」
 注意事項で社長が「TOPとは何かに~」って言ってたけど、つまりPの存在があってこそアイドルはTOPに立てるって意味だったのかな……?

 

 朗読劇が終わり、一人ずつコメントしていく。
 ぬーさん「プロミっていうのは不思議な汗をかく瞬間がある」
 はらみー「盆踊りとか普段やらないから……」
 果たしてそういう問題だったのだろうか……。
 スタイリッシュなほうもやらせようとした神、自分に跳ね返って来て自らもやる羽目にw
 ロボットダンスからのドルフィン! そして案外押せ押せなりえりーも神と一緒にやりたがり二人でやるw
 そしてそれを見たぬーさん、対抗意識を燃やして負けじとやる。
 なんだこのスタイリッシュ盆踊り合戦は……面白い人たちだな……。

 そしてバネPが再び登場。
 765ASと一緒にりえりーが階段降りてハケるとき、後ろで手を組んでて、後ろ姿までマジ詩花でした。

 

 そしてステージ上に一人残されたバネP、何をするのかと思いきや「本当にミーティングすべき相手はスタッフなんじゃないでしょうか!?」と言ってガミPたちを名前を呼び始め、音響席辺りにいたと思われるおじさんたちが一人一人会場の中を走ってステージに向かってくる。24時間テレビのエンディングかな?
 今年はこういうコーナーあるんだ〜と思っていたらどうやらサプライズだったらしく、ペラい紙の名札をぶら下げておどおどしてるおじさんたちがそこにいました…。
 幕張メッセイベントホールでおじさんしかステージにいない、緊急スタッフ会議の始まりです。

 ステージに上げられたのはガミP、久多良P、中川P、柏谷P、佐藤D。バネPも入れてみんなで円陣を組む。
 「765スタッフ、ファイトー!!」

 

 ◆ステラステージで個人的に気に入ってるポイント
 くたP「止めどきがわからないって言われた。プラチナSで色々声を頂いてコーチングや地獄の特訓を入れた」

 ◆今までで一番フェチを感じた楽曲は?
 中川P「同じ曲でもキャストによって違う。やよいのリズムはすごい。伊織のロングトーンの最後の可愛さ」
 柏谷さんにレコーディングのときニヤニヤしてることを暴露されるフェチ川さん
 佐藤D「アイマス提供曲一曲目って自分の思いを込めるからフェチを感じる。ポジティブのサビ前につーか教科書忘れた!って入れたりとか」
 中川P「一曲目って恥ずかしい。裸を見られてる気分」
 佐藤Dの一曲目は待ちプリだそうです(※シンデレラも含めるとあんずのうた)

 ◆一番心に残るCDシリーズ
 柏谷P「レコード大賞もらえた生っすかシリーズ。全部心に残ってるけど、挑戦し続けてるから作業じゃない。カバー曲のリクエストも全部聞いてる。明日があるさ歌ってましたよね」
 バネP「いつの間にか組み込まれてた。あの選曲はすごいと思いました」

 ◆ヘンタイと呼ばれることをどう思いますか
 ガミP「DLCで園児スモッグを出したとき、ドリフみたいなってことで僕の趣味って言ったら登場時のコールがガミPからヘンタイになった」

 ◆13年で一番忘れられないことは?
 ガミP「赤羽会館のとき、家庭用を作っていたけどスタッフも固まってなくてこのコンテンツがどうなっていくかわからなかった。雪の中たくさんのPさんが待ってくれていたときにウルっときた。この感覚を忘れられないようにしよう」

 

 緊急スタッフ会議、すごい生々しくて面白かったです。前回のプロミでは衣装替えの時間ずっとPVを流してたけど、この変更すごい良かったと思う。
 美希の映像で「ふるふるフューチャー☆」が流れた後は、とうとうライブパートスタート!

 

ToP!!!!!!!!!!!!! /765PRO ALL STARS
 若林神の黒い手のレースがゴージャス!
 平田さんが頭にターバンみたいなヘアバント…?巻いてるやつも似合ってて良かったです。

 

そしてぼくらは旅にでる / 中村繪里子浅倉杏美たかはし智秋、原 由実
 プロミ二日間かけて吟味しましたが、この曲のここが一番可愛かったよ選手権はキスミー!のあと手のひらをこっちに向けてくるくる回す振り付けのところです!!! 優勝ですおめでとうございます!!!
 片足ちょっと上げてるのもポイントだと思います!!! はあ可愛い!!!

 

星彩ステッパー / 釘宮理恵下田麻美
 パステルカラーのピンクと黄色の二人が並んで立ってるだけで可愛いな!? なんだこれ!?
 二人でお尻どん☆してるのも、間奏の音に合わせてティンパニー(?)叩くような仕草してたのも可愛さマシマシでしたね…なんだこれ……。ラストは鏡合わせのようにポーズ!

 

Vertex Meister / 今井麻美仁後真耶子若林直美平田宏美沼倉愛美
 出だしの「Vertex! idol!」のコールがちゃんと合わせられるか心配だったんですがちゃんと出来た―!
 戦隊モノのようにポーズを決めて出てきた五人にテンションも上がる上がる!
 いやもう人選がすごくいい……五人とも戦闘力が高すぎる。
 去年のプロミで披露された「僕たちのResistance」もそうでしたが、カッコイイ曲に仁後さんがいるのもいいなあ。表情が凛々しい。
 あと私は「♪馴れた顔なんていらないいつだって初舞台」という歌詞がすごい好きで、一番歴史の長い765ASの曲としてこの曲が来たのもすごいことだなあと思います。

 

Blooming Star / 高橋李依
 白いワンピースからメルヘンリリーに着替えて登場したりえりー、真っ暗な中でライトに照らされて歌う姿が神々しい。
 マジで天使か天女なのでは…?と思い始めたとき「花を咲かせたいの」で力強く歌い始めたのでこの子も生きてるんだ…!ってなりましたね(?)凄まじく堂々としたステージでした!

 

 そして今回のプロミで行われた企画、みんなで選ぶユニットソング!
 チームA・伊織・響・貴音で、歌唱曲は「きゅんっ! ヴァンパイアガール」 ユニット名は「プロジェクト・イオリー」
 キュートなくぎゅ、妖艶なはらみー、そして健康的でありながら挑発的なぬーさん!
 「♪好きなんだもん」のところのぬーさんエロかったっすね……最高すぎる……。
 欲を言えばマントつけて踊ってほしかった~~。

 

 チームB亜美・真美・春香で歌唱曲は「サニー」 ユニット名は「あみまみあまみ」
 私はこのチームに「キミ*チャンネル」をアンケートに書いたんですが、この曲もなかなか披露されませんね……。
 「♪靴下脱いじゃおう」で靴下放り投げる仕草する下田さん。
 中村先生が途中からうちわ持って囁くように歌ってたところ「♪今日はもっといたいの…」のところだっけ…? 衝撃で記憶が飛んでる……。元気系の曲で突然色気を全面に押し出されると心臓も脳もついていかないことがよく分かる。
 あと途中で俺らパート(歌詞が表示されてマイクこっちに向けられる)があったのもびっくりした。
 そもそも行ったことがあるライブでサニーやるの初めてのような…???
 コールも画面に出てたので助かりました〜!

 

MUSIC♪ / 765PRO ALL STARS
 まさかこの曲までやってくれるとは思わなくてびっくりした。
 スカートフリフリするダンスが可愛くて楽しい。「音を楽しむ」っていう音楽の原点を思い出させてくれるような曲で大好きです。

 

 一旦全員出てきて歌った曲についてコメントしていく中、くぎゅがずっと衣装のお腹のところにあるチェーンいじってる……w
 そういえば今までのライブでもお腹の辺りでよく指動かしてたような…? 癖なのかな?
 サニー歌唱後の下田さん「夏が来るよ夏が来るよってこれ以上止めてっていうね」
 名古屋はプロミ前日40度でした〜! ハハッ、笑うしかねえ~~!

 

shy→shining / 765PRO ALL STARS

 この曲は絶対やるだろうと思っていましたが、ステージの上で披露されている姿を見ると感慨深いものがありました。

 ステラステージのEDとして使われている曲なんですが、もう脳裏に蘇って止まらないステラステージの春香さんシナリオ。
 これを読んでいる皆さんはもう担当アイドルをステラステージの舞台に連れて行きましたか?
 私は真っ先に春香さんを連れて行きましたが、ステラのシナリオが本当に良くて、最後に出てきた選択肢を見たら涙出てきました。
 アイマスはシリーズごとにパラレルだというのは解っているんですが、無印の春香さんにしてあげられなかったことがステラステージでやっと出来たような、そんな気がしています。

 

 

 この日一番印象的だったカメラワークは中村先生の左右に下田さん・ミンゴスさんがいる状態でバックショットからカメラが抜かれていたこと。三人の後姿越しに見えるペンライトの海が本当に綺麗だった。


 最後の挨拶では若林神が「(りえりーに対して)詩花ちゃん出てきちゃったみたいじゃない?」って仰ってましたが本当にそうでした。りえりー喋り出すとコミュ力の塊みたいな方で、その辺も詩花ちゃんみたいで。
 「ステラステージプレイ時間が100時間越えまして、私が遊び倒したものが共有できることが嬉しい」とも言っていましたが、ステラステージ本当に楽しいんですよ。ぶっ続けでやらなくても、毎日1~2時間くらいのプレイで進めていけるのも社会人には嬉しいところ。

 それから仁後さんはやよいの誕生日にやよい軒にたくさんのプロデューサーが訪れていることを友人から教えてもらって知ったというお話し。とうとうやよいちゃんパニックが仁後さんにまで届いたぞ……。

全文表示 | 大阪・高槻「やよい軒」アイマスファン集結 年に1度の恒例行事...店側「もやし」メニュー復刻 : J-CASTニュース

 やっぱり一日目を通して思ったのは若林神本当にすごいなってことでした。
 最年長で一番元気でゲストのバネPとりえりーにも積極的に絡んで、ステラステージは100時間超えるほどプレイしててって、若林神がアイマスに対する愛情と興味を持ち続けてくれてるの頼もしさしかない。
 私は歌マスフリータイム大好きなんですが、ちあきさんと若林神がツーショットで映ったときカモンベイビーアメリカやってた気がします。マジで隅々までお元気だな……。
 あと「♪栄養ドリンクまだ不要」で若林神がアップになって、またなんか一人だけ違う動きしてる…!?と思ったら栄養ドリンクを飲むフリして放り投げてて最高だった。マジで不要そう神、最後まで超元気。
 最年長若林神と最年少りえりーが波長が合ってるのも面白かったです。

 

 ではプロミ二日目の感想はまた後日。