春の香りneo

春香P。Mマスだと冬馬P。デュンヌ。OFA届きました。

46人のミルキーウェイ アイマスSideM 3rdLIVE 2/3幕張一日目感想(※追記2/9)

 ファスライ以来やっと揃ったJupiter、そしてその舞台が46人全員が揃うライブ。

 現地には行けずにライビュでの参加でしたが、本当に感無量な一日でした。

 

 THE IDOLM@STER SideM 3rdLIVE TOUR 〜GLORIOUS ST@GE!〜

2018年2月3日(土) 千葉・幕張イベントホール

出演者:
Jupiter(寺島拓篤、神原大地、松岡禎丞
DRAMATIC STARS仲村宗悟内田雄馬八代拓
Beit(梅原裕一郎堀江瞬高塚智人
High✕Joker(野上翔千葉翔也白井悠介永塚拓馬渡辺紘
W(山谷祥生菊池勇成
S.E.M(伊東健人榎木淳弥中島ヨシキ
彩(バレッタ裕山下大輝、中田祐矢)
FRAME(熊谷健太郎濱健人増元拓也
神速一魂(益山武明、深町寿成)
Café Parade(狩野翔、天﨑滉平、古川慎、児玉卓也、小林大紀
Altessimo(永野由祐、土岐隼一
THE 虎牙道(寺島惇太、小松昌平、濱野大輝
もふもふえん(矢野奨吾、古畑恵介、村瀬歩
F-LAGS(三瓶由布子徳武竜也、浦尾岳大)
Legenders(笠間淳、汐谷文康、駒田航)

※敬称略

 

セットリスト:

01:DRIVE A LIVE(全員)
02:STARLIGHT CELEBRATE!(DRAMATIC STARS
03:TOMORROW DIAMOND(Beit)
04:Reversed Masquerade(Café Parade)
05:バーニン・クールで輝いて(神速一魂)
06:桜彩(彩)
07:Over AGAIN…(Jupiter)
08:Study Equal Magic!(S.E.M)
09:JOKER↑オールマイティ(High×Joker
10:情熱…FIGHTER(THE 虎牙道)
11:Tone’s Destiny(Altessimo)
12:Symphonic Brave(Legenders)
13:カレイド TOURHYTHM(Jupiter&W)
14:Fun!Fun!Festa!(Beit)
15:夢色VOYAGER(F-LAGS)
16:もっふ・いんざぼっくす♪(もふもふえん)
17:AFTER THE RAIN(W)
18:MISSION is ピースフル!(FRAME)
19:夏時間グラフィティ(Beit/High×Joker/W)
20:流星PARADE(Jupiter/DRAMATIC STARS/S.E.M)
21:From Teacher To Future!(S.E.M)
22:Sunset★Colors(High×Joker
23:Alice or Guilty(Jupiter)
24:BRAND NEW FIELD(Jupiter)
25:ARRIVE TO STAR(DRAMATIC STARS
26:Reason!!(全員)
27:Beyond The Dream(全員)

アンコール01:GLORIOUS RO@D(全員)
アンコール02:DRIVE A LIVE(全員)

 

(※記憶を失うのが本当に早いのでうろ覚え感想です。明らかにおかしい箇所がありましたらご指摘下さい)

 

  最高のライブでしたが、開演が三十分くらい遅れたのは何が原因だったんだろ。本人確認に時間がかかったのか、機材トラブル?

 山村のライブ開演にあたっての注意事項読み上げ。セカライのときは山村の声が突然実装されて初っ端からひゃーってなりましたっけ…。早いなあ、もう一年経ったの?

 セカライと同じ幕張イベントホールでしたが、ステージの真ん中には短めの花道、そしてセンターステージが設置されていました。天井には大きな☆の形の照明が。

 ずらっと並ぶ46人のシルエット。本当に全員でステージに立った……。

 三瓶さん、セカライでワガママを叫んでくれてありがとうございます。こんなにすぐに叶うなんて思わなかった!

 

01:DRIVE A LIVE(全員)

 ドアラを46人全員で歌うのも初めて!! 46人並んで踊ると(ドアラが横揺れが多いのもあって)流石に狭いなって感じでしたが、春名役の白井さんのダンスが弾けるパッションって感じですごい見つけやすかったです。

 

 そして出演者が多い分、挨拶が短い短いw

 そんな中、翔太役の松岡くんがセカライのときのように「Jupiter役の…」と言い間違える天丼をかます。 セカライは天然だったと思うけど、今回のは絶対意識して言ったんだろうなと思います。


02:STARLIGHT CELEBRATE!(DRAMATIC STARS

 吹き上がるジェットスモークを背にセンステに歩いてくるドラスタ、もはやどこに出しても恥ずかしくない看板ユニットの風格でした。

 ドラスタがスタセレを歌うとSideMのライブ始まるよー!!って気分になりますね!

 

03:TOMORROW DIAMOND(Beit)

 セカライで初っ端からスマエンを放ってきたBeitがまた恐ろしい曲を連れて来た。

 スクリーンに映るダイヤモンドの馬車を背に踊る王子が三人いた。デ○ズニー王子がここに集結っていうか夢の国を盛り盛りって感じでした。なんだこれ…(褒め言葉)

 「♪ 夢の馬車には君と乗るよ」 のところだったと思うんですが、マイクを持つ手をもう片方の手で覆って、囁くように歌うのたまらなかったです。

 ピエール役のホリエルは今まで可愛いと思っていたのがこの曲では凛々しさを感じるほどになったし、みのりさん役のたかぴは優雅さに磨きがかかって…と思っていたら、恭二役のうめめ、カメラにアップで抜かれながら手袋の端を口で咥えるという大量殺戮を行う。なんだこれ…(褒め言葉)

 ライビュ会場に響くもはやキャーッではなくギャァァァァ!!!っていう悲鳴やばかったです。皆まだライブ始まったばかりだから強く生きてほしい。

 「Shall We Dance♪ 」では片膝をついて手を差し出す王子様たち。

 そしてトドメはラスト、ライビュ映像にどアップで映ったうめめ、指輪の箱を開けるジェスチャー。さらに轟く悲鳴に、夢って盛り過ぎると死人が出るんだなって思いました。

 ライビュだとうめめしか映らなかったんですが、どうやら全員やっていたようなので早くBD化して三分割画面でよろしくお願い致します。

 

04:Reversed Masquerade(Café Parade)

 王子様たちに馬車に乗せられて連れて行かれた場所、そうそれは墓場。

 コウモリが舞う墓場の映像を背に、ゾンビのように動き始めるカフェパレの五人。

 相変わらずアスラン役の古川さんの歌唱力やっべえ!! ライビュでもビリビリきました!!

 アスランを中心に直線になって足を高く上げて行進しながらぐるっと回る動きがあって、それが超好きです!!!

 「♪ Ding!Dong!Dang! 」のところで腰を左右に振って隣のメンバーと軽くぶつけるみたいな動きがすごい楽しそうでした。

 

05:バーニン・クールで輝いて(神速一魂)

 神速ちゃんの曲は男性Pこそ声を上げてほしい…という意見があるのは確かにわかるんですが、だからって女性Pも負けてられんな!!と思って全力でオイオイ叫びましたー! 超楽しい~~!!

 玄武役の深町さんがセカライよりもPを煽る姿が様になっていたような気がします。

 二人でマイクを持つ手を交差させてゼロ距離で歌う熱い姿、マジ男二人の世界…。

 ラストの後ろ姿がすごい決まっていて、二人ともとんでもなく格好良かったです。

 

06:桜彩(彩)

 聞き覚えの全くないイントロ、出てきたのは彩の三人で、あれ? サニバの曲? 彩の新曲ってもう試聴始まってたっけ…私気づいてなかったのかな…とかガン見しながら考え込みましたが、始まってねえよ!! 完全に新曲ぶっこんできたー!

 セカライでは試聴段階のソロ曲も披露した彩、今度は試聴も来てない新曲を披露。彩の勤勉さどういうことなの…。(※今は試聴出来ます)

 一人ずつアップで映ったおかげで、三人が髪のサイドにそれぞれのアイドルの髪色のエクステを付けてることがやっと判りました。

 九郎くん役のゆうゆの首元の赤い印が妙に艶めかしくて目のやり場に困った。

 

07:Over AGAIN…(Jupiter)

 待ちに待ったJupiter揃っての曲披露、一曲目はオバアゲ!

 アニメ9話EDと同じく落ち葉が舞う映像を背に、「♪負けやしないさ」で拳を前に突き出す冬馬役のてらしーの目がすごい輝いているように見えて、なんだかびっくりしてしまった。

 ファスライのときは寺島さんはすでに人気キャラたくさん演じていらっしゃるのに、色々あったJupiterや冬馬のことも大切にしてくれて嬉しいなあって気持ちが強かったんですが、今回はステージに「冬馬がいる!」ってスッて入って来たというか、感覚的なものなので上手く表現出来ないんですが残念な語彙力~~!

 それまで一人ずつ前を向いて踊っていた三人が「♪初めて感じた Passion」で向かい合うのがとんでもなく良かったです。

 

 ここで一旦MCうめめタイム。

 みのりさん役のたかぴのことを「高塚くん」と呼んだことで起きるPたちの笑い。セカライの最後でたかぴ呼びしてくれたのに、結局戻ってしまった…w

 キリオ役の山下さんが「彩が出て来た時の何色? 何色? ってPさんたちが戸惑ってる顔が可愛かった」って言ってるのが最高ににゃんすでした。

 

08:Study Equal Magic!(S.E.M)

  楽しいタケノコダンスタイム!!

 次郎ちゃん役のヨシキさんがカメラアピールを完全にモノにしていたり映像の中でπが踊ったりしていたのでキャーって叫べばいいのかブフワァッってなればいいのか感情の混乱が生じた。このカオスさ、まさにS.E.M。


09:JOKER↑オールマイティ(High×Joker

 「♪ココロの底から確かな想いで」で旬役永にゃんのカメラドアップ!

 夏来役のひろひろが楽しそうでした。

 春名役の白井さんが「♪ドーナツ食べて…練習だ!」のところで四季役の野上さんにドーナツあげるふり→やっぱあげない!ってやつやっててハイジョ可愛いかよ~~ってなりました。

 

10:情熱…FIGHTER(THE 虎牙道)

 一瞬で会場の空気を変えるユニット、それが虎牙道。

 廃墟が映る映像には「ROUND1」の文字、どのタイミングだったか思い出せないんですがチェーンが張り巡らされて炎が上がって最終的には廃墟が崩壊を始めていたような…? 完全に格ゲーのステージ…!

 曲の二番の始まりには「ROUND2」の文字、虎牙道の特色の一つ、殺陣のシーンではマイクをステージの階段に置き、効果音までついて戦い始める三人……アイドルのステージでありながら格ゲーも楽しめる、それがSideM。

 漣役の小松君がエクステつけて髪しっぽ有りになってまして、その姿がもう完全に牙崎漣でした。

 虎牙道のステージはどこまで進化するのマジで……!?

 

11:Tone’s Destiny(Altessimo)

 格ゲーからさらに一転して天上の音楽ゾーン。

 ここから始まる未来を歌ったThe 1st Movement、孤独に咲いてた旋律が出逢うまでのOpusを経て、早く行こう次の空へ!と羽ばたいていくTone’sDestiny…。

 背中をぴったりと合わせて歌う姿、「♪なんて幸せなんだろう!」という歌詞、何もかもが光に満ちていて、アルテ尊いとしか言えなくなる幸せな空間でした。ブラボー!!

 

12:Symphonic Brave(Legenders)

 セカライで完全にセクシー担当のイメージでいたレジェの爽やか応援曲。

 作詞を担当された松井洋平さんがツイッターで「雨彦さんのMCから生まれた歌詞」と仰っていて、この曲もまたレジェに来るべくして来たんだなあというか。

 セカライで雨彦さん役の笠間さんは「Pさんに肩を押されて自分たちは星になれる」と仰っていて、そんなLegendersが今度は誰かの背中を押す側に回ったのだと思うと、本当にますます立派なアイドルになったんだなあ…と感無量です。

 最初スタンドマイクで歌い始めたので、おっスタマイ曲だったか!と思ったらわりとすぐにハンドマイクに切り替えていた。

 (多分)「♪メロディーはそのままでいい」のところで笠間さんがこめかみに指を当てているシーンがあって爽やかな曲中からでも滲み出るセクシーでした。

 想楽くん役の汐谷さんが「僕たちについてこれる?」って言った姿ベリーキュート。

 

 MCでクリス役の駒田さんが「大都会のビルの上で奏でる~」って仰っていて、そういや映像を見ていなかったとここで気づく。

 虎牙道の殺陣は小松君が考えたもので、振付の先生も「小松さん何かありますか」って聞いてくるそうです。すごい頼りにされている…。今後ともよろしくお願いします。

 基本的に腰が低い小松くんが仲のいい永野くん相手のときだけ「由祐聞いてなかったろ!」って強めの口調になるのが面白いw 「いける相手が由祐くらい」って言ってたから本当に普段からこんな感じの親しさなんだろなと思います。

 そして当の永野くんは「都築さんは…土岐さんは……」ってキャラクター名とご本人のお名前がごっちゃになってて愛おしいかよってなりました。

 あとどういう流れだったのか思い出せないんですが白井さんが「タオルの魔術師 渡辺紘」って言った後にひろひろが「俺はひろひろだよ!」って言い切ってたのも面白かった。

 

13:カレイド TOURHYTHM(Jupiter&W)

 MCが終わったら聞き覚えのあるイントロ! これはこれは…セカライのときに叶わなかった、五人揃ってのカレイドだーー!!

 セカライの時も精一杯叫びましたが、今回も全力で名前コールしました! 嬉しそうなてらしーと北斗役の神原さんの顔!! 良かった!!(´;ω;`)ブワッ

 スクリーンの前に設置されていたギザギザの形の仕切り(?)が動いてスクリーンがうまいこと五分割になってまして、五人の顔がアップで映ってるのもすごい良かった~!

 最初の位置が翔太役の松岡くんがセンターになっていて、本当にセカライのとき出てくれてありがとうと改めて思いました。Wちゃんの二人もありがとう……。

 

14:Fun!Fun!Festa!(Beit)

 スクリーンにはBeit三人分のカエールが出たり消えたり。

 キラッ☆のところでたかぴがカメラに向かってウインクしてくれたのでヒャッホーってなりました。なんだヒャッホーって。

 間奏でホリエルが「Pさんたちも楽しんで~」みたいのことを言ってくれたんですが噛み噛みで可愛かったです。

 そしてうめめの控えめコマネチ。また賑やかBeitなFFFを堪能出来て嬉しい。


15:夢色VOYAGER(F-LAGS)

 トロッコだー! 一人一人のトロッコトリコロールの大きな旗が刺さってました。

 大吾役のうりゃおが本当にはなまる笑顔で見てるこっちもにっこにこだよ。

 「♪本当の僕を隠していた」でセカライと同じく手旗で顔を隠すフリがあったんですが、手旗が丸まっちゃって広がらなくって、上手くいかなかったあとに出来ませんでした~!って感じで飛び跳ねてたのも超可愛かったです。うりゃおの存在そのものがはなまるだ……うん……。

 最後はトロッコに刺さってた旗を引き抜き、三人で掲げてキメ!

 

16:もっふ・いんざぼっくす♪(もふもふえん)

 サドライのカメラワークを考えている人に限りなく我々に近い変態がいる。

 センステでくるくるしながら踊る三人の中に入ったカメラが一人ずつを大アップで映していくという変態の所業。なんだこれ…なんだこれ……私がもふもふえんに囲まれているかのような……ここがもふもふヘブンか…? たまげたなあ……。

 「♪フワフワフューチャー アワアワキャッチャー」のところで本当にシャボン玉が出てきたのもびっくりした。すごいヘブン空間でした。

 

17:AFTER THE RAIN(W)

 Wちゃんがまたすごい技を取り入れてたー!!

 サイドステップを踏みながら向かい合って歌う二人が突然しゃがみこんだので、ん?って思ったら片手を床について(?)くるくるって回転しながら近づく→「♪最強のベストパートナー」で手を繋いで立ち上がる!! 何これ!?!?

 Pleasure Forever…では背中を合わせて立ち上がっていた二人が、今度はお互いを見て手を繋いで立ち上がる……エッッモ!!

 最強最高のパフォーマンスにしびれっぱなしでした!!


18:MISSION is ピースフル!(FRAME)

 セカライ披露されたときはトロッコに乗っていたので、そう言えば私はこの曲のダンスを今まで一度も観たことが無かったんですが、こんな可愛いダンスだったのか!

 体格のいい三人が肩を組みながら左右に揺れ始めたので初っ端から威力半端なかったです。

 そして大きな体で可愛いダンスかと思いきや、間奏でステージの端から端までダッシュするスピードが超早くてフィジカルの強さも改めて認識。

 「♪ハンバーグ食べよう!」のところで並んでフォークでハンバーグ刺してパクリと頬張るジェスチャーもめっちゃ平和だった。カッコイイもカワイイも出来るFRAME…!

 ラストのジャンプする握野さん役の熊谷さんの跳躍力がすごいことになっていて、セカライでの累計滞空時間の話を思い出した。あの競い合いはまだ続いてるんだろうか。


19:夏時間グラフィティ(Beit/High×Joker/W)

 波の音が響いたのでてっきりコロクリちゃんのソロが来るのかと思ったら夏時間だったウェーイ!!

 なんかめっちゃ楽しかった印象だけはあるんだけど振付とかの記憶が全くない!!

 BD早く出して下さいよろしくお願いします!!


20:流星PARADE(Jupiter/DRAMATIC STARS/S.E.M)

 センステに三ユニット計九名が乗り、カメラが一人ずつアップで順番に映していくのがアニメOP Reason!!のイケメンルーレット再現みたいでした。

 一瞬、輝役のしゅごんがアップになったときにすごい優しい目で微笑んでる表情が映って、ステージの上の仲村宗悟、もはや太陽神・太陽の擬人化であると同時に菩薩では?と思った。

 しゅごん・てらしー・とっとの三人が並んでいる姿が映ったのも良かった。ユニットリーダー並び!

 

 MCてらしータイム。

 カレイドの話題になり、てらしーときくてぃがハグ→それを見た松岡くん神原さんに後ろから抱きつく、から始まった幕張冬のハグ祭り最高に可愛かったです。頼むからここもう一度見せてくれ、早めのBD化…もしくはアンコール上映!!

 そんなハグ祭りが開催された直後、悠介役のきくてぃが泣き始める。

 「AFTER THE RAIN本当に緊張してて、夏時間があるから泣いてたらいけないんだけど」(※うろ覚えなのでニュアンスです)

  享介役のやまてぃも「コメンタリーってカメラが待ち構えてるんだけど、一言も喋れなかったよね」って言ってて、ステージ裏の階段で泣き崩れていたそうです。

 やっぱりファスライでもセカライでもちょっとずつ失敗したところがあったの、ずっと気にしてたんだろうなあ……。ハプニングもミスも生歌でやってるからこその醍醐味だと思うから、そんなに気にしなくても…とただの観客でしかない私は思うのですが、ステージに立つ側はそうは言っていられないんだろうな……。

 Wの二人の一生懸命な姿に心打たれます。いつも最高のパフォーマンスをありがとう。

 次はもふもふえんの番。

 かのんさん役の村瀬さん「もふもふえんもぉ~~(><)」と泣き真似から入るww

 しんみりしていた空気が一瞬で爆笑に変わったので、村瀬さん本当にすごいなあ。

 もふもふえんの三人はコメンタリーのカメラの前で疲れ果てて階段に座って死んだ目をしてたそうで、実演してくれる。

 村瀬さんの「魔法が解けた瞬間におっさんに戻る」って発言にすごい笑った。あんなヘブン空間作ってたのに!?ww

 その後も涼ちん役の三瓶さんが「出ベソ(センステ)行きたい!」って言って飛び出して言ったとき、うりゃおと徳武さんの背中押して、行け!行け!ってやってたりと、本当に頭の回転が早くてバラエティにも対応出来る人なんだなあと思いました。

 そしてJupiterには「おかえりー!」というPたちの声が。

 ここで松岡くんが「心がOverして、頭がRideして、Againして戻ってくる」「我がいっぺんに悔いなし」って仰っていて正直「?」だったんですが、てらしーが「そうなんだ~~良かった~~」って感じで何の疑問も無く受け入れていたので、さらに「???」ってなりました。


21:From Teacher To Future!(S.E.M)

 太鼓の音が響く…といえばアレだー!というわけでS.E.Mの新曲。

 曲調から応援団の振りがダンスに取り込まれるのは予想出来たんですが、まさか肩組んでラインダンスみたいに片足上げ始めるとは思わないじゃないですか……! 応援団でありチアでもある…みたいな!

 体が硬いことに定評のある硲先生役のとっとに足を上げながら「♪キミハデキル! ナンダッテデキル!」って歌われたらそりゃ説得力半端ない。


22:Sunset★Colors(High×Joker

 今度はカラフルな風船がついたトロッコ! アニメ十話の文化祭ライブを彷彿とさせます。

 ひろひろと永にゃん、白井さん野上さんちばしょーで左右に分かれてトロッコからボール投げながら会場を半周。

 ドラム音のところで白井さんがトロッコにつけられた手前の風船をドラムみたいに叩き始めたので割れる割れるwwって爆笑した。白井さんも本当に面白いなあ。


23:Alice or Guilty(Jupiter)

 イントロが聞こえてきた瞬間、私はこの時の為に用意しておいた緑のペンラを折りました。EoJであれだけやってくれた以上、サードライブで披露される筈だと予想はしていましたが、新録されたアレンジverのほうかもなあ…と思っていたら、ちゃんとオリジナルverだった……!

www.youtube.com

 オバアゲとカレイドのときには着ていなかったブラッキッシュ961SPを思わせるジャケットを着た三人が961プロ時代のロゴを背に踊る。

 私はアリギルの「♪受け入れて」のところで片腕を伸ばして上半身を反るところが好きなんですがそれも再現されたし千手観音も見れた…!

 「誓いの言葉など…」のあたりでセンステに移動→三人で向き合って床に膝をつく→「…捨てた!」で一斉に上を向いて天井カメラに映るって演出もめちゃめちゃ良かったです。

 そしてアリギルが終わり、スクリーンの中でJupiterのロゴが315プロのものに変わる。ジャケットを今回の衣装に変えて、そこから続けてのブランニューフィー!!!

 

24:BRAND NEW FIELD(Jupiter)

  ファスライのときにもあったセリフ替えが今回北斗は「今夜はエンジェルになってくれるかな?」だったと思うんだけど(自信ない)すごくいい変え方だと思いました。

 セリフが入る時間の関係とはいえ、エンジェルちゃんとかエンジェルくんとか相手を限定しない…つまり誰もが伊集院北斗の今夜のエンジェルになれるのだ…。

 冬馬は「みんなの笑顔、315だぜ!!」だったと思いますが最高なのは君の笑顔だとプロデューサーは思いました。

 翔太が思い出せなくてうああああ!!ってなってる…今も……。

 アイマスはアニメでやったことをライブである程度再現してくれるから、アリギルもBNFもやるだろうなとは予想していたんですが、まさか続けて、EoJでの演出そのままでやってくれるとは思っていませんでした。

 だって二曲合わせて十分もあるよ。十分間ずっと踊りっぱなしの歌いっぱなしだよ。寺島さん、神原さん、松岡くん、本当にありがとうございます……。

25:ARRIVE TO STAR(DRAMATIC STARS

 この曲も歌詞が本当にいい。「♪We are DRAMATIC STARS!!!」って高らかに宣言する姿が紛れも無く看板ユニットでした。

 Jupiterの二曲続けての演出が神がかっていたので今日の主役はJupiterだったかなと(担当Pの贔屓目もあって)思ってしまうんですが、ユニットで最初と最後に曲披露したのはドラスタで、きちんとSideMを引っ張っていく存在を示しているんですよね。これからもSideMをよろしく、DRAMATIC STARS

 

 ここからSIdeMの歩みを振り返る映像タイム。アイドルたちの語りつき。

 ゲームの画像やCDのSLジャケット、ファスライの映像、セカライの映像、グリツア、エムステ、EoJにアニメ…だったかな?


26:Reason!!(全員)

 全員衣装チェンジでアニメ最終回でも着ていたエムステSSR衣装に!!

 エムステだと首元のスカーフ(?)は全員同じなんですが、ライブ用の衣装はユニットずつで結び方やかけ方が違っていて、もっとじっくり見たかったです。もふもふえんが可愛いリボン結びで、レジェは紳士っぽいタイの結び方だったような……。

 昨年の年末に放送された「NAOMIの部屋」にドラスタとS.E.Mが出演しこの曲を披露した際に、「♪重なった手で掴め!」でしゅごんととっとの手が重なっていたので、まさかサードライブではWセンターの手が重なるのでは…!?と戦々恐々としていましたが、ほ、本当に重なりましたー!

 ファスライのハイタッチに続き、Wセンをありがとうございます……。

 

 そして曲の最後には、Reason!!衣装のアイドル46人のイラストが!!

 THE IDOLM@STER SideM 3rd STAGE | Lantis web site

 (↑公式サイトで見れます)

 ファスライ組以外のアイドルにもこの衣装着てほしかったから嬉しい~。

 アニメ二期はあるものだと思ってますが、そっちだとまたOP衣装も変わるのかな?


27:Beyond The Dream(全員)

 センステにはドラスタとJupiter。グリツア豊洲には行けなかったもので、初めてハートを連れ出すてらしーが見れました。良かった。そして流石にてらしーもこの辺で汗だくになっていた。

 曲が終わり一旦ハケるボーイズたち。てらしーが去り際に力強く手で「3・1・5!」ってやってくれました。

 

 社長が現われ、パッション大作戦やらサイバネコミック化やらエムステ曲追加やらエムステ越境ユニットCDの発売やらがお知らせされる。

 詳しくは公式ブログへどうぞ!

BLOG│THE IDOLM@STER OFFICIAL WEB | バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

 

アンコール01:GLORIOUS RO@D(全員)

 アニメ最終回での挿入歌、こちらも46人での披露。

 「♪ここで JUMP!」で際立つ白井さんの跳躍力。白井さんも滞空時間組に入ったらどうだろうか…もう入ってたっけ…?

 

 最後の全員での挨拶も本当に必要最低限という感じで短い短い。また315プロNight!とかでゆっくりお話聞ける機会があるといいのですが。

 そんな中で永野君が「都築さんは何かありますか?」ってもう完全に土岐さんに向かって都築さんって言い切っていたのに和みました。

  あと神谷さん役の狩野さんが「3rdツアー」を「ワールドツアー」って言い間違えちゃったときに、咲ちゃん役の小林さんが「そっちは世界〜!」ってすかさずそっちは南〜!と同じ口調で突っ込んでて、この対応力すごいなと改めて思うなど。

 三瓶さんの「またワガママを言います。46人でアニメに出たーい!!」という叫びに沸きあがる拍手。正直サードツアーラストには発表があるんじゃないかと思うんですが、どうかな。今度も早めに叶うといいなあ。

 笠間さんの「最高でしたか? 忘れちゃだめです。最高な僕たちのプロデューサーは貴方です」には不覚にもときめいた。セカライ・グリツアを経て、笠間さんもう完全にアイマスPの殺し方を把握したんだなあ。こりゃやべえ。

 てらしー「楽しかったですね!」

 松岡くん「凄まじかったですね」

 神原さん「また戻ります、チャオ☆」

 Jupiterの三人も短い挨拶でしたが、楽しまれたのは充分伝わってきて嬉しかったです。また戻って来てね、待ってます!

 

アンコール02:DRIVE A LIVE(全員)

 そしてとうとう、本当に最後のドアラ

 46人が揃った楽しそうな眩しい光景を見て、私は何故かオバアゲの歌詞を思い出しました。一番好きな歌詞が

 「♪ぽっかりと浮かんでた One Star いつの間に Milky Way
   こんなに明るくて だからこそ… 瞬いた僕らは」

 ってところなんですけど、本当に歌詞の通りになったんだなあと思って…。

 アイマスに男性アイドルユニットがJupiterだけだった頃も好きですが、315プロとして、たくさんの仲間とたくさんの色のペンライトに囲まれて、一層輝くJupiterのことも本当に好きです。

 ファスライのときも思ったけど、ずっとJupiterを好きでいて良かった。

 恋をはじめよう、BANG×BANG、On Sunday、結晶~Crystal Dust~、961時代の曲、どれもいい曲です。

 BANG×BANGはてらしーが個人のライブでカバーして下さいましたが(それだってすごいことですが)、この曲たちもいつか…いつかはアイマスのライブで…。待ってますね…。

 最高の一日、最高のサードライブツアーのスタートでした!

 ラストまで楽しみましょう!

 

※追記2/9

 ここに載せようと思っていた天ヶ瀬冬馬役の寺島拓篤さんのブログの紹介を忘れていました。もう読んだという方が圧倒的でしょうけども。

 

46+46=92 - テラシマ流星群 

テラシマ流星群−寺島拓篤公式ブログ - ライブドアブログ

みんな - テラシマ流星群

テラシマ流星群−寺島拓篤公式ブログ - ライブドアブログ

 ライブ後の楽しげなお写真がいっぱいだわ、衣装チェンジを提案したのが寺島さんだということがさらっと書いてあるわ、予約可能な忍者で笑わせて来るわで感情がごちゃごちゃになりますね!

 何だかもうJupiterの三人には本当にありがとうとしか言えません…。

 

 それから、寺島さんが水曜日を担当されているラジオ「ユニゾン」2/7分も聞きました。ありがとうradikoアプリ。

「ユニゾン!」公式サイト 〜人気声優による深夜ラジオ番組〜


サードライブについての寺島さん発言メモ:
 ツアーの最初のステージだったから、僕の中で「普通にしよう」と思った。ファーストをやったときのような特別感ではなく、アイドルたちは画面の向こうで当たり前のようにライブをしている。冬馬が当たり前のようにライブをJupiterとやっていて、その中の一つのステージ。
 あくまでゴールとか、変なピークじゃなくて、煽りとか立ち居振る舞いだとかを、逆に普通にしてみようと。「普通に、すごく大事にする」そういうステージにしたいと思った。
(※ちゃんとした書き起こしではなくあくまでメモなのでラジオちゃんと聞いた方がいいです)

   私にとってはめちゃめちゃ特別なステージだったんですが「普通にしよう」がテーマだったとか、凄すぎるてらしー……。
 ありがとうとか言えなくなったと思ったら今度は凄すぎるとしか言えなくなってしまったんですが私はどうしたら……。

 ツアーは始まったばかりですもんね。声優さん達の凄さに度肝を抜かれつつ、最後まで全力で楽しみたいと思います。

 

 

 ファスライの感想はこちら

これが五年分の重みーーアイドルマスターSideM ファーストライブ感想 - 春の香りneo

 セカライの感想はこちら

プロデューサーに、肩を押されて星になる。Mマスセカライ一日目感想 - 春の香りneo

スタセレに始まりスタセレで終わった二日間。Mマスセカライ二日目感想 - 春の香りneo

 グリツア愛知一日目の感想はこちら

SideMグリツア愛知一日目感想 - 春の香りneo