読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の香りneo

春香P。Mマスだと冬馬P。デュンヌ。OFA届きました。

アイマス9th 10/5 ツアー最終日ライビュ感想その2

アイマス9th

 なんかもうここまで間が空くとUPする必要あるのかわからん。ライブ疲れを回復するのに一か月かかるのか私は。年か。そうだな。

 ……折角書いたから公開しますね?

 

  カバー曲のコーナーからです。

 

 

 

15.Day of the future中村先生ぬーさん

 なかなか謎の組み合わせ…と思ったけど、美希と繋がりが深い同士ってことかな?

 

16.9:02pm下田さんはらみー

 こちらも謎の組み合わせ…と思ったけど生っすかのラーメン探訪か。下田さんのしっとり系バラードとか珍しい曲が聞けて新鮮。

 

17.チクタクミンゴスくぎゅ

 やよい猫可愛がり組が揃ってしまった。

 

18.livE(平田さん,あずみん

  安定のゆきまこ。

 りっちゃん(若林さん)イメージの黒縁メガネ装着で歌ってくれてなんか泣ける。

 アイマス曲の中でも飛び抜けてカッコイイですよねこの曲。これがりっちゃんの持ち歌だというのも感慨深い。

 

19.ONLY MY NOTE(全員)

 あれ? 小鳥さんのカバー曲がないぞ……? 前日のシークレットゲストがじゅりきちだったから、今日はみのりんだと思ってたけど連続でじゅりきち来る…? と戸惑いながらのONLYMYNOTE。

 しかし曲終わりで社長の映像が始まり、もう一人アイドルが来ている的な発言に沸き上がる映画館。これは……これはもう……!!

 

20.アクセルレーション

 みのりんでしたーー!!!!

 うわああ長門だーー!! ホライゾンのOP歌ってた人だーー!!(私のみのりんの知識はこの程度です)

 アイマスガールズ達は滅多に言わない「盛り上がってるか東京ー!」という煽り方をしていたので、ああライブ慣れしてる人なんだなと実感しました。

 プロデューサーさん達がこの煽りに慣れていないことをすぐさま感じ取ったのか、繰り返さなかった辺りすごい空気読んでる。

 ペンライト何色振ればいいんだろ?と思っていましたが皆オレンジ振ってました。

 

 

 

 

 歌い終わると全員出てきて、みのりんのおもてなしを始める。

 みのりんは最終日だけ突然現れて、皆に受け入れてもらえるのか心配だったそうな。

 そりゃそうだよな…ミリオンライブやシンデレラの子達と違って「後輩」というポジションも無く、完全に完成されている世界に一人で「ライバルキャラ」として飛び込む形になったんだし。

 衣装デザインも玲音に可能な限り近づけてくれたんだそうです。マジ玲音ちゃんだったよ……。

 すごい万全の準備をしてアイマスの世界に足を踏み入れてくれたんだなと感じて、すごく嬉しかったです。

 

 そして滅多にライブで汗をかかないのに滝のように汗が出ていると言うみのりんに、汗を拭いてあげようとする中村先生。しかしミンゴスに阻止される。

 ミンゴス「繪里子さんじゃアレだから」→色々あって結局くぎゅが拭くことに→くぎゅ「繪里子さんじゃアレだから」

 中村先生の扱いww

 

 その後はバンドメンバーの紹介に入り、いつの間にかみのりんいなくなる。なんかぬるっといなくなってた気がする。

 

 

21.待ち受けプリンス中村先生,平田さん,下田さんあずみん

 念願の中村先生!

 しかし「嘘つき」はあずみん! OH…! いや、あずみんも可愛いですけども!!

 平田さんは安定のホスト。

 

22.Rebellion(ぬーさん)

 すみませんフル聞いたことない…でもカッコイイなこの曲。

 「真実の赤」でペンライト持ち変えることだけは小耳に挟んでいたので、赤を準備しつつ聞いてた。タイミングは隣でノリノリだった見知らぬ歴戦の戦士に合わせたという。

 

23.しあわせのレシピ(ぬーさん)

 曲の内容に合わせて、お玉を持って歌うぬーさんが可愛い。

 しかもぬーさんがお玉でハートを描くと、その動きに合わせて実際にハートが描かれる仕組み。可愛いに可愛いを合わせて来たぞこやつ。

 

 MCタイムに入ると、このハートを作る動きを自分では見たことが無いので、どうなっているのか判らないから誰かにやってみてほしいと言うぬーさん。

 バンドのドラムの方が立候補してやってみることに。

 

 結果:予想外の可愛さ

 

 えっ、何これ……?

 まさかの主役であるガールズよりも画面いっぱいに映り可愛いを振りまいて行ったドラムのひと……村田一弘さん……。

 名前でググってみたらヴィジュアル系バンドのサイト?が出て来たんだけど、こういう活動もなさってる方……?(動揺している)

 

 ぬーさんはしあわせのレシピでバンドと絡む為に階段の横に移動するので、TOKYOネタのフリップはスタッフの方が事前に回収してくれる筈だったらしいのですが、反対側に移動させただけでステージ上に残っていたので、結局やる羽目にw

 後半戦でも逃げられぬTOKYOの呪縛。

 

24.初恋 ~一章 片想いの桜~(ぬーさん)

  正直最初「最後の曲は初恋です」的なことを言われたとき、一瞬「?」って思ってしまった。

 そんな曲あったっけ…いやあった気がするな……あの何曲も続いたやつだな……えっあれもライブで歌うの……あっ、マジで初恋の一章だ!?!?

 という戸惑いからの驚愕の流れ。

 なんか自然と「この一連の初恋曲はライブではやらないだろうなー」という思い込みがあったのでびっくりした。

 改めてじっくり聞くと、メロディが綺麗な曲だなあと。

 

 続きはその3です。