読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の香りneo

春香P。Mマスだと冬馬P。デュンヌ。OFA届きました。

全力で勧めるミユキ蜜蜂先生版「Jupiter ~THE IDOLM@STER~」その2

 まずはこちらをご参照下さい→http://idolmaster.jp/blog/?m=20140724

 

 モバゲーに招待できる知り合い10人もいねーよ!!!

 

 当分ジュピター揃えらんない……(´;ω;`)ウッ…

 ……気を取り直して、続きいきましょう。

 

 

 その1はこちら→http://fubukip.hatenablog.com/entries/2014/07/19

 

~ミユキ蜜蜂先生版漫画のここがすごい~

3.961プロ離脱→復活までのストーリー

 

  アイマス2、並びにアニメに触れている方はもちろんご存知でしょうが、ジュピターは最初は961プロ所属ですが、後に黒井社長の方針についていけずに事務所を移籍します。

 ゲームでもアニメでもそのきっかけは765プロとの諍いでしたが、この漫画版では基本的に765プロは絡みません。

 「雪野守」というオリジナルキャラが登場し、彼が黒井社長からの妨害に遭うことで、冬馬が移籍を決意する流れになっています。

 ……名前からして声優の宮野守さんがモデルなんですかね?

 

 ちなみに移籍決意は4話目です。話のスピードはえぇぇ。

 大きな事務所を抜けるというのは芸能人にとって一大決心。その後、自分達を引き受けてくれる事務所が見つかるかどうかも分からない。

 そんな不安も漫画版ではきちんと描かれています。

  でも、そんな不安も。

 

 翔太「この3人なら怖いもんナシでしょー?」(4話)

 北斗「この3人なら怖いもんナシだろ?」(同じく4話)

 

 二人のセリフが吹き飛ばしてくれます。

 今までの3話分で三人の仲の良さや絆が描かれてきたからこそ、このセリフには説得力がある。

 これ、1話で冬馬が言った「この3人でならトップになれると思っただけだ…っ」(ツンデレ)が効いてるんですよね。

 単行本1巻しかないのに、よくちゃんと描き切れたなあ…と読み返してて改めて思います。

 

f:id:fubukiP:20140720212409j:plain

 そしてちゃんと、黒井社長がただの悪者ではないことも描いている。

 シングルファザーで冬馬を育てていたらしいお父さんが転勤に伴い冬馬も連れて行こうとするんですが、それを社長直々に直談判して止めるんですよね。

 プロジェクトフェアリーといい、黒井社長のアイドルの原石を見つける目は確か。

 小鳥さんか、小鳥さんのお母さん?と何かあったらしい過去はいつか描かれるんですかねぇ。

 

 

~ミユキ蜜蜂先生版漫画のここがすごい~

4.探せば765プロもいる

 

 前述したとおり、この漫画に765プロは絡みません。

 でも探せばいます。

f:id:fubukiP:20140720213943j:plain

f:id:fubukiP:20140720213947j:plainf:id:fubukiP:20140720213951j:plain

  何話目にいるのか探してみてね。

 

~ミユキ蜜蜂先生版漫画のここがすごい~

5.まとめ

 キャラクターを楽しみも良し、ストーリーを楽しむも良し、765プロを探してみるも良し。

 色んな楽しみ方があるよミユキ蜜蜂先生版。単行本1巻だけだから手を出しやすいよ。

 少しは魅力を伝えることが出来たでしょうか?

 あとこれ一番重要だったのかもしれないんですが。

 

 

f:id:fubukiP:20140726204427j:plain

  結局これはなんだったんだ。

 

 SideMは「ジュピター追加メンバー決め」のゲームってわけではないし。

 それとも当初は追加メンバー決めの要素みたいなのもあったんですかね……?

 SideMとは別にジュピター関係の企画が動いてるって可能性もあるのかなあ。

 

 とりあえず私は漫画版読み返しつつ、事前登録冬馬と特典北斗のレベル上げに勤しみます……。

 グリマスのレベル上げの簡単さに慣れた身にはSideMつらい。